• HOME
  • 学園からのお知らせ/ニュースリリース

学園からのお知らせ/ニュースリリース

SUPER GT 第4戦 タイラウンドに学生が参戦します

[自動車] 2018年06月29日


この度、中日本自動車短期大学(岐阜県坂祝町)モータースポーツエンジニアリング学科(以下、MSE学科)の3名の学生が、PACIFIC with GULF NACがエントリーしているSUPER GT 第4戦・タイラウンドにピットクルーとして帯同し参戦します。

本学は教育機関として唯一、SUPER GT車両を学内ガレージでメンテナンスを行っており、本学教員とMSE学科の学生がレース直前までガレージメンテナンスを行い、サーキットではプロのエンジニア・メカニックと共に学生がレースに参戦しています。これらはすべて授業の一環としての取り組みで、MSE学科の特色となっており、昨年のSUPER GT5戦においては、ZF AWARDベストメカニック賞を受賞する等、本学学生がレース現場で活躍しています。

今後も本学学生のレース活動について、継続して皆様に発信していきますのでよろしくお願いいたします。

 

【中日本自動車短期大学 SUPER-GT第4戦 参戦概要】

■ 日時 平成30年6月30日(土) ~ 7月1日(日)
■ 会場 チャーン・インターナショナル・サーキット
(タイ・ブリーラム県)
■ カテゴリー GT300クラス
■ 車両名称 GULF with NAC PORSCHE911
■ ベース車両 PORSCHE911 GT3R
■ エントラント名 PACIFIC with GULF RACING
■ ドライバー 久保 凛太郎 / 石川 京侍
■ 車両メンテナンス 中日本自動車短期大学

 

☆本学は株式会社パシフィックレーシングチームと産学協定連携を結び、GULF NAC PORSCHE911の車両メンテナンスを担当しています。

 

20180629_【NEWS LETTER】SUPERGTタイラウンド参戦



エアポートサービス科 真田 稔広教授が航空技術協会会長賞を受賞しました

[航空] 2018年06月29日


このたび中日本航空専門学校(岐阜県関市)エアポートサービス科 ・真田 稔広 教授が航空技術協会「会長賞」を受賞しましたので、お知らせいたします。

詳細については下記の通りです。

■表彰内容

平成29年7月に本学で実施したエアポートサービス科 技能コンテストについて以下の目的を達成したことが評価され、航空技術協会における最大の名誉である「会長賞」を授与されました。

「コンテストを通じた空港の旅客、貨物、グランドハンドリング業務における実践的技術力の向上と航空関連企業への学生育成状況の共有」

 

・表彰式 :平成30年6月15日(金) ホテルメルパルク東京にて開催

 

【真田 稔広 教授について】

〇本学エアポートサービス科 グランドハンドリングコース コース長

ANAエアポートサービス㈱より本学に現役出向中

 

【18.6.29】真田教授航空技術協会会長賞受賞



東京大学大学院 鈴木真二教授による特別講演を実施しました

[航空] 2018年06月19日


中日本航空専門学校(岐阜県関市)は、6月12日(火)航空整備科・航空生産科の学生を対象に東京大学大学院・鈴木真二教授による講演会を実施しました。この講演は、航空機研究の第一人者である鈴木真二教授による講演を通じて、航空機の歴史および安全性の追求についての理解・知見を深めることを目的とするものです。

 

■対象者:航空整備科・航空生産科 1・3年生

■講演内容:
「ライト兄弟初飛行を成し遂げた技と知恵」(1年生対象)
「航空の安全はどのように確保されてきたか」(3年生対象)

■講師:東京大学大学院 鈴木 真二教授
代表著書:「落ちない飛行機への挑戦:航空機事故ゼロの未来へ」(DOJIN選書)ほか

【18.6.19】鈴木真二氏特別講演



航空生産科1年生が関市の伝統文化・刀鍛冶を体験しました

[航空] 2018年06月08日


中日本航空専門学校(岐阜県関市)は、6月7日(木)、航空生産科1年生の校外研修として、関鍛冶伝承館の見学を実施しました。

航空機の製造について学ぶ航空生産科のカリキュラムには「金属加工」という科目があり、航空機の一般的な素材であるアルミ合金を加工するための金属加工の技術は、航空機製造に必須のスキルです。
金属を熱し鍛錬を行う刀の鍛造はある意味金属加工の原点であり、現代のモノづくりにも通じるものがあります。

それに加え、中日本航空専門学校の所在地である関市は、世界的な刃物の伝統産業の町なので、その文化に触れることも目的としています。

【18.6.6】刀鍛冶体験校外研修



進学希望者対象のオープンキャンパスを開催します

[医療][自動車][航空][本部] 2018年06月07日


学校法人神野学園(本部:名古屋市東区)は、運営しています「岐阜医療科学大学」「中日本自動車短期大学」「中日本航空専門学校」において、6月より進学希望者を対象にオープンキャンパスを開催します。

現場さながらの機材設備を取り揃えた実習施設をご覧いただき、実際の授業を体験いただく事もできます。本学在学生はもちろん、各業界で活躍する方をお招きし、本学だけでなく、その技術を活かした職業や業界についてもご理解いただける内容になっております。

 

■岐阜医療科学大学 【臨床検査技師、診療放射線技師、看護師を育成目標とする大学です】

《日程》617日(日), 84日(土), 106日(土)

《設置学部・学科》保健科学部 臨床検査学科/放射線技術学科、看護学部、大学院 保健医療学研究科、助産学専攻科 

《住所》岐阜県関市市平賀字長峰795-1

URL http://www.u-gifu-ms.ac.jp/

 

■中日本自動車短期大学 【自動車整備士、モータースポーツエンジニアを育成する短期大学です】

《日程》624日(日), 722日(日)・29日(日), 85日(日)・19日(日) 《9月以降も開催を予定しています》

《設置学科》自動車工学科・モータースポーツエンジニアリング学科/専攻科 一級自動車整備専攻・車体整備専攻

《住所》岐阜県加茂郡坂祝町深萱1301

URLhttp://www.nakanihon.ac.jp/

 

■中日本航空専門学校 【航空整備士、生産技術者、空港地上関連職員を育成する専門学校です】

《日程》69日(土)・16日(土),  78日(日)・22日(日)・29日(日),  8月18日(土)・26日(日), 922日(土)

《設置学科》航空整備科・航空生産科・エアポートサービス科

《住所》岐阜県関市迫間1577

URLhttp://www.cna.ac.jp/

 

20180607_進学希望者対象オープンキャンパス開催

 

 

 

 



神野学園の新ロゴマークを制定しました

[本部] 2018年04月01日


この度、神野学園はロゴマークを新たに制定し、4月1日より使用を開始しました。

 

神野学園は昨年学園創立50周年を迎え、在学生、卒業生、職員はもちろん、学園に関わる全てのステークホルダーの皆様に「安心され、誇れる学園」となるよう学園運営を行う宣言として、新たなロゴマークを作成しました。

 

【ロゴマークについて】

新ロゴマークは、神野学園の頭文字である「J」のモチーフが岐阜医療科学大学・中日本自動車短期大学・中日本航空専門学校の3校をあらわす立方体になっており、神野学園キューブ「ジクウ」という名が付けられています。

3つの「J」が結合したこの立方体はトリックアートになっており、一角がくぼんだ形に映り、また中央の小さなキューブが立法的に浮き出して見える構成になっています。 3つの「J」のエレメントは、3校はもちろん、建学の精神「技術者たる前に良き人間たれ」を具体化する「生命と生活を守る人間教育」・「さまざまな人が安心して学べる先進技術教育環境の提供」・「高い国家資格取得率の継続」を示しています。

さらにこの立方体はキャンパスを意味し、3方向から包み込むようなデザインにより、学生たちの多彩な夢を受け入れる学園の豊かな包容力も表します。中央の輝きは未来への希望を表し、3方向へ飛び出すJは社会へ羽ばたく学生たちの姿を表現しています。

 

今後新しいロゴマークのもとで学園教職員が一丸となり、建学の精神の実現を続けていくよう取り組んで参ります。

 

◆この件に関するお問い合わせ先◆
学校法人神野学園 法人本部事務局 成長戦略推進部 企画・広報課
担当 吉田・松浦(yoshida@jinno.ac.jp / matsuura@jinno.ac.jp)
電話 052-953-5252   FAX 052-953-5299
住所 名古屋市東区泉1-23-37

 



中日本航空専門学校はリセ・エアバスと姉妹校協定を締結しました

[航空] 2018年03月27日


学校法人神野学園(本部:名古屋市東区)が運営する中日本航空専門学校(岐阜県関市)は、現地時間321日(水)、フランスの航空機メーカー・エアバス社傘下の航空専門の技術学校である、リセ・エアバス校(フランス・トゥールーズ市)において姉妹校協定を締結しました。これは、両校の交流を通じて日仏のみならず世界中において、航空業界の未来に貢献できる人材を育てることを目的とするもので、今後は両校の研究や教育分野においての協力関係を拡大し、新世代の技術者を育成する訓練分野での協力関係を促進していきます。

◆リセ・エアバスについて
1949年に設立されたリセ・エアバスはエアバスの航空専門の技術学校で、フランス国民教育省と契約により提携しています。設立以来、仏トゥールーズまたは独ハンブルクのエアバスの製造ラインへ5,000人以上の技術者を送り出しています。また、この学校で訓練を受けた若者たちのおよそ95%がエアバスもしくは関連企業に雇用されています。

20180327 リセ・エアバスと姉妹校提携締結しました



岐阜医療科学大学 可児キャンパスの地鎮祭を執り行いました

[医療][本部] 2018年03月19日


学校法人神野学園(本部:名古屋市東区)は、設置する岐阜医療科学大学(岐阜県関市)の新キャンパス(可児キャンパス)の整備を行うにあたり、316日(金)に地鎮祭を執り行いました。

式典には山田 弘幸理事長をはじめとする学園関係者のほか、冨田 成輝可児市長や工事関係者にもお集まりいただき、 工事の安全を祈願しました。

20194月開設を目標に、岐阜医療科学大学は看護学部と助産学専攻科の可児キャンパスへの移転および2020年4月に薬学部(設置構想中)の開設を計画しており、既存の校舎の改修および学生食堂の整備等を行います。学生への快適なキャンパスライフの提供だけでなく、可児市と連携して地域社会に貢献できるキャンパスづくりを進めてまいります。

 

■地鎮祭概要

日時 2018年3月16日 11:00開式

場所 岐阜医療科学大学 可児キャンパス

(岐阜県可児市虹ヶ丘4-3-3・旧名城大学可児キャンパス)

 

■施設概要

名称 構造 建築面積(㎡) 延床面積(㎡)
新棟 鉄骨造 3階建 2110.50 5959.51
既存棟改修工事(1~4号館) RC造 9042.37 10708.51
動物実験研究室棟 鉄骨造 2階建 150 300

 

20180316 可児キャンパス地鎮祭を行いました2



岐阜医療科学大学 可児キャンパスの地鎮祭を執り行います

[医療][本部] 2018年03月13日


学校法人神野学園(本部:名古屋市東区)は、設置する岐阜医療科学大学(岐阜県関市)の新キャンパス(可児キャンパス)の整備を行うにあたり、来る3月16日(金)11時より地鎮祭を執り行います。
 2019年4月開設を目標に、岐阜医療科学大学は看護学部と助産学専攻科の可児キャンパスへの移転および2020年4月に薬学部(設置構想中)の開設を計画しており、既存の校舎の改修および学生食堂の整備と薬学部実験実習棟の建設を行い、学生への快適なキャンパスライフの提供だけでなく、可児市と連携して地域社会に貢献できるキャンパスづくりを進めてまいります。

 
■日時 2018年3月16日(金)11:00 開式
■場所 岐阜医療科学大学 可児キャンパス
(岐阜県可児市虹ヶ丘4-3-3・旧名城大学可児キャンパス)
■建物概要

名称 構造 建築面積(㎡) 延床面積(㎡)
新棟 鉄骨造 3階建 2110.50 5959.51
既存棟改修工事(1~4号館) RC造 9042.37 10708.51
動物実験研究室棟 鉄骨造 2階建 150 300

 

20180313 可児キャンパス地鎮祭2



ベトナム・ゲアン省で人材育成プログラム開講式典を開催しました

[本部] 2018年01月26日


学校法人神野学園(名古屋市東区)はベトナム・ゲアン省において人材育成プログラムの開講式典を下記の通り開催致しました。当日は本学園関係者、現地大学関係者及び日本からの来賓などに参加頂き、盛大な式典となりました。

学校法人神野学園は昨年12月22日、ヴィン大学(ゲアン省ヴィン市)内において人材育成プログラムを開講しました。現地で日本語や日本文化の教育を開始し、1月22日には現地で開講式典を開催しました。
このプログラムは、昨年6月に建設やITを専攻した同大学の卒業生などを対象に先行して開始しており、12ヶ月間、ヴィン大学内で日本語や日本文化を教育し、建設やITの専門分野において日本で就労できる高度人材や留学生として来日することを目指しています。
 本学が設置する中日本自動車短期大学(岐阜県坂祝町)は1967年開学以来、アジア各国から留学生の受け入れを行っています。2003年頃から多くのベトナム人留学生を受け入れ、日本とベトナムの自動車産業を支える人材の育成にも力を入れており、今回の人材育成プログラムは中日本自動車短期大学の留学生募集につなげることも目的としています。
 本学は設置する3校の所在する岐阜県がベトナム・ゲアン省と友好協力に関する覚書を締結したことをきっかけとして、ヴィン大学と教育交流を目的とした協定を締結しており、高まる日本との人材交流を背景に、日本で活躍できる人材の育成を行います。ゲアン省はベトナム中部に位置する人口およそ300万人の省で、ベトナム建国の父 ホー・チ・ミン氏の出身地としても有名です。

式典には、本学の山田弘幸理事長やヴィン大学のディン・クアン・コア学長、ゲアン省に現地法人を設置する矢橋ホールディング株式会社(岐阜県大垣市)の矢橋龍宜社長らが参列し、プログラム受講者を激励しました。
プログラム受講者は早ければ今年中には来日をする計画です。

 

《今回実施しました開講式典について》

■開講式典
 日時:2018年1月22日(月)14時~15時30分
 場所:ヴィン大学内(ベトナム・ゲアン省ヴィン市)

 ヴィン大学(Vinh University)
 182 Le Duan Str., Vinh City, Naha An Province, Viet Nam

20180126 神野学園、ベトナム・ゲアン省で人材育成プログラム開講式典

 

◆この件に関するお問い合わせ先◆
学校法人神野学園 法人本部事務局 成長戦略推進部 企画・広報課
担当 吉田・松浦(yoshida@jinno.ac.jp / matsuura@jinno.ac.jp)
電話 052-953-5252   FAX 052-953-5299
住所 名古屋市東区泉1-23-37

 

 



1 2 3 4