• HOME
  • 学園からのお知らせ/ニュースリリース

学園からのお知らせ/ニュースリリース

【岐阜医療科学大学】岐阜医療科学大学と文学座が 教育連携に関する協定を締結しました。

 2021年11月16日


岐阜医療科学大学では、今年度後期より新たな教育カリキュラムとして、本学の薬学生を対象にコミュニケーション力向上を目指した『コミュニケーションワークショップ演習』を劇団文学座と協働して導入します。

医療系大学と文学座のコミュニケーション教育分野での連携は大学初の取り組みです。
カリキュラムでは、体験型講義として文学座の劇団員が講師となってそれぞれの専門分野(歌唱指導・ダンス・演出など)について演劇の手法を用いて指導を行います。

学生は、講義を通じて医療現場を想定した実践的なコミュニケーション力を養い、他者に対する集中力と自分を解放するスキルを学びます。これにより、高いレベルのコミュニケーションスキルを持ち、地域医療を支える担い手として活躍できる薬剤師の養成を目指します。

今後は、本学看護学部においても同様のコミュニケーション教育の導入を検討していく予定です。

https://www.youtube.com/watch?v=saagj5Gu714&t=146s



【中日本航空専門学校】韓国慶尚大学航空シンポジウムにて本校学生がスピーチしました

 2021年11月16日


韓国慶尚大学航空シンポジウムがオンラインにて開催されました。

中日本航空専門学校からは航空整備科 航空電子コース2年 YAN PAING OO さんが、

Urban Air Mobility (eVTOL)をテーマにスピーチしました。



【中日本航空専門学校】ベルヘリコプター株式会社との産学連携教育実施

 2021年11月16日


中日本航空専門学校 航空整備科 二等航空整備士ヘリコプタータービン専攻コースにおいて、

機体メーカーであるベルヘリコプター株式会社から現役エンジニアである

冨田 謙太郎 様、落合 宏和 様にお越しいただき、産学連携授業を実施しました。

 

午前中は座学授業、午後からは実技授業を行いました。

実技授業ではメインローターのバランシングに関して学びました。

(2枚のブレードのバランスを確認しています。)



【中日本航空専門学校】CKTS株式会社からハイリフトローダーを寄贈いただきました。

 2021年10月28日


CKTS(株)より、ハイリフトローダー1台を寄贈頂きました。関西国際空港で実際に使用されていたコンテナなどを機体下部の貨物室へ積み降ろしをするための特殊車両です。

本校エアポートサービス科、グランドハンドリング実習にて大切に活用させて頂きます。

大きな車両がどのように届いたか動画でご覧ください。

https://youtu.be/-Xnq94pCgME



【中日本自動車短期大学】エコノパワーin岐阜を開催いたしました。

 2021年10月28日


2021年10月24日(日)に中日本自動車短期大学主催の「エコノパワーin岐阜」を開催いたしました。

エコノパワーin岐阜は、「省エネカー」、「ハイブリッドカー」、「電気自動車」等のカテゴリーに分類し、各カテゴリー内でいかに低燃費で効率良く走れるかを競う「大会」です。

今年度も59台のエントリーがあり、日ごろの成果を発揮する熱戦が繰り広げられました。

ご参加いただいた高校生の皆様、本当にありがとうございました。

 

https://twitter.com/i/status/1452221603077443584



【岐阜医療科学大学】大学院保健医療学研究科の中矢周人さんが医学物理士試験に合格しました

 2021年10月28日


岐阜医療科学大学放射線技術学科卒業生で、大学院在学中の中矢周人さんがこのたび「医学物理士」試験に合格しました。
医学物理士は放射線治療における装置開発、治療計画の最適化と検証などを行う資格で、大学院修了程度の学歴が必要になります。
中矢さんは修士課程修了とともに正式に資格を取得し、今後は我が国の放射線治療のリーダーシップをとっていくことが期待されます。



【岐阜医療科学大学】オーストラリア南クイーンズランド大学と連携 オンライン留学を実施しました

 2021年10月08日


岐阜医療科学大学では、「国際性」を身に付けた質の高い医療人の育成に力を入れております。
学生がグローバルな視点から医療技術や医療人としての姿勢を総合的に考える力を磨くため、海外での短期研修を取り入れています。
現在はコロナ禍で実際に渡航ができない状況を踏まえ、2021年3月にフィリピンのエンドラン大学と「オンライン留学」を開始しました。
9月20日~24日には、オーストラリアの南クイーンズランド大学と連携し、オンライン留学を実施しました。希望する学生12人が、自宅のパソコンなどを利用し、医療現場で使われる英語表現などを学びました。
また今回のプログラムで、将来海外での医療スタッフとして活躍することを視野に学ぶ学生のために、21日には現地の病院で働く看護師へのインタビュー、23日には現地の医学生とのディスカッションを通して、現地の医療制度や医学・医療教育についても学びました。



【岐阜医療科学大学】生殖補助医療の特別講義を開催しました。

 2021年10月08日


臨床検査学科では、2022年度から新たなカリキュラムとして、生殖補助医療が学べるように計画しています。
カリキュラム導入に先立ち、9月28日から30日の3日間に、臨床検査学科3年生54人に対して生殖補助医療の特別講義を実施しました。
講義では、胚培養士の役割と業務内容について学んだほか、実際に使用される機器を使用し、実技を体験しました。

 

 



【岐阜医療科学大学】CBC情報番組「チャント!」にて臨床検査学科の生殖補助医療の特別講義が取材されました。

 2021年10月08日


CBCテレビの情報番組『チャント!』にて、岐阜医療科学大学臨床検査学科の新カリキュラム『生殖補助医療』の特別講義が取材されました。
取材では、当日の講義の様子を撮影し、CBCの大石キャスターから実際に講義を受けた学生らがインタビュー取材を受けました。
講義の様子は、番組内の特集で紹介される予定です。ぜひご覧ください。

 

メディア・番組
CBCテレビ 情報番組「チャント!」

 

放送内容
臨床検査学科の新カリキュラム『生殖補助医療』の特別講義
※カリキュラムは、2022年度入学生より適用予定です

 

放送予定日 ※放送日が確定しましたら、改めてご案内いたします



【岐阜医療科学大学】第77回日本放射線技術学会総会学術大会を開催しました

 2021年09月21日


放射線技術学に関連する学術団体である、公益社団法人日本放射線技術学会の
第77回総会学術大会が、4月15日から18日まで横浜市で、6月3日までWebで開催され、
その大会長を岐阜医療科学大学放射線技術学科の西出裕子教授が務めました。

また、実行委員として篠原範充教授、当日の委員として井堀亜希子准教授も運営に参加しました。
この大会は、日本医学放射線学会,日本医学物理学会、日本画像医療システム工業会との合同開催であり、
日本放射線技術学会だけで約4,000名、3学会合わせて約12,000名の方が参加されました。
期間中は、多くの研究発表や講演などが行われ、今後の放射線技術学の発展に大いに寄与されることが期待されます。

 



1 2 3 12